十字星の間

こぁちゃん その1

ドット加工だけじゃ特に記事にすることないけど、ちゃんと進んでます
ある意味ドット加工って楽よね
完成形がはっきりしてるから躓くことがない。

そりゃ細かい部分も凝りだしたらキリがないけど
今回の加工内容なら枚数は多いが大したことないし
問題はこの加工が終わってからだよ…


そう言えば小悪魔改変キャラって白髪銀髪多くない?
他のキャラと被っちゃうんですけどー
---------------------------------------
追記
数えてみたら持ってるだけでも
ナルちゃん、小悪魔AC、イモータル、クタートと4キャラもいる上に
macbeth氏の新キャラもそうだった。

小悪魔(ザナル) | コメント:2 | トラックバック:0 |

戦女神

体験版来てたのね
…戦闘画面がひじょーに見づらいのですが?操作性も難あり
これはちょっと製品版で修正してもらわないと困るレベル。
それ以外はまぁいつも通りって感じで、ある意味安心して出来る。

それにしてもセリカさん轟雷強過ぎじゃないですかね?
一定時間耐久戦のはずなドルジスが轟雷2発で蒸発っておい

今年は戦女神と延期しなければ新世黙示録ってとこかな
ランスは様子見で。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こぁ



カットインに使えなくもない
一応、今ドット加工してるこぁちゃんの本体カラーパレットと揃えてあるので
カラー変えにも対応可。
絵・ドット関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ドット加工中

↓で小悪魔のGifを掘り起こしてからどうも頭から離れなくった小悪魔ちゃん
一度は「さぁ技作ってmugenで動かすぞ!」ってところまで行ったもんだから
未練だらだらなんよね。

そむEさんの小悪魔は本体スプライトだけでざっと450枚近く
のんびり一日数枚ペースとしてドット加工で2~3ヶ月ってとこかな?

どこが変わったって?ほら、上着とかがちょっと・・・


humiさんのワンチャンもこれで終わりかー
絶は・・・あのメンバーに最後まで入っていて良かったのだろうか?
正直DC澪に勝てたのがびっくりしたけど、その後スカデビにやられての落ちでした。

小悪魔(ザナル) | コメント:4 | トラックバック:0 |

フローライト/蛍石

Walworth Quarry, New York, USA
サイズ:中央の結晶が8×8×7mm(全体:40×30×17mm)

ニューヨーク産特有の微かに青みがかった無色の透明度抜群な蛍石。
中央の結晶は小さいがほぼ完品。
またクラックや劈開で状態はあまり良くないものの大きな結晶もついている。

一応まだ産出はしているけど
既存ポケットでは10mmを超える大きさのものは取れないらしい。



水晶・蛍石 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ブルスクの恐怖

たぶんBIOSかレジストリにゴミ混ざってるんじゃないかな
相当前から起動もやけに時間掛かるんだよね・・・
数ヶ月前にも一回あったし非常に宜しくない。

バックアップは一定期間ごとに取ってるんで仮に突然逝ったとしても
電源が内蔵HDD2個とも巻き込んで吹っ飛ばない限り
直前に作業してたデータ以外はまぁ大丈夫

一応サブでノートもあるけど、メイン機が逝くのはやだなぁ
そもそもOS入れ直せば恐らく解決すると思うけど
OSを入れ直す手間が面倒くさい。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

旧ブログを削除

予定通り削除しましたー
お知らせに小悪魔以降の新着コメントは来てなかったから
コメントの確認漏れはないはず

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

使い魔リリィを公開停止

やっぱりアレだ
絶の面影が残り過ぎてるのでその辺を改善します。
いつになるかは知らんけどな!
どうせ需要ないキャラだからこのまま公開終了しても良さそうだけど。
使い魔リリィ | コメント:0 | トラックバック:0 |

小悪魔

旧ブログでコメントいただいた方へ(こっち見てるのか?

当初のキャラ構成的には1つめと3つめの予想が的中ですよー
痛いキャラ設定とかも探せばどっかのメモ帳に・・・うぅ頭が!

具体的なところを言うと
サイキカル、フィサリスのような当身や設置をベースに派生させるって感じでした。
ただドット加工と言っても本当にちょっとしたワンポイント加工なので
あまり大袈裟にいわれると・・・
それに改めて見ると、ちょっと気になる箇所もあるので
再開するとしたらまたドット加工からやり直しってことになるかなーと

私のキャラ作成意欲がなくならなければちゃんと作ってあげたいキャラなので
エタってしまえばそれまでですけど、気長に待っていただければあるいは。



小悪魔(ザナル) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |