十字星の間

鉱物用ラベル素材

2014/3/29更新

サンプル
画像上段の左からVer1.10,Ver1.20、下段がVer1.25の用紙違い

DLはこちら
(ラベル素材のファイル形式はMSO Excel2007です)


======================================================================
ミネラルタックとひっつき虫

標本の固定にお馴染のミネラルタックも良い評判ばかりではなく、粘土油が標本に染み込み最悪、母岩の損壊などに繋がるようです(私はまだ経験してませんが)。

そこで代用品として挙がるのがコクヨ製の「ひっつき虫」です。
そんなわけでこれらの1年程経過を見たちょっとした比較を
・ミネラルタック
 多かれ少なかれ確実に標本(母岩)に油の染み込んだ跡が残る
 標本から比較的剥がしやすい
 海外製のため油分等の品質が安定しない
・ひっつき虫
 油成分は少なめ?そこまで母岩に染み込んだ様子はない
 ミネラルタックに比べやや硬め
 国産メーカーなので品質は安定
 標本にべったりくっつくので剥がしにくい

総評としては、正直どちらも同じくらいかと。
どうしても損壊が心配な人はひっつき虫の方がまだ安心できる?くらい。
最も私はミネラルタックのハズレ(?)をまだ引いたことがないためその辺は考慮外。

また、ひっつき虫にも多少の油成分は含まれている(でないと粘土が固まっちゃいますので)ようですが、品質に関しては前述の通り安心できるかなーと。
ただしひっつき虫は剥がす時に若干苦労するので、壊れやすい母岩を固定して、尚且つ後で剥がす予定があるのであればミネラルタックもしくは何も付けない方がいいですね。

以上、ちょっとした比較感想でした。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<カレドニア鉱 | ホーム | タンザナイト 非加熱>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |